フィルムで写真を撮ってみませんか。

「フィルムを使う写真に興味を持つ人を一人でも増やす」ことが目標の一個人の活動

カメラと、私。

カメラの話(コラム第三回-15)カメラと、私。(私の使命とは)

さて。 ようやく、最終回まで辿り着くことができました。 結論から申し上げますと、私の使命とは、「フィルムを使い続けること」ということにつきます。その理由は、大別して以下の3つがあります。 1.昔のレンズの適正な評価のため。 film-camera-challen…

カメラの話(コラム第三回-14)カメラと、私。(データに対する不安)

さて。 オールドレンズをミラーレス一眼で撮影し、どうにもその描写性に納得できていなかった原因の一員は、アダプターではないかとの推測に至り、その画像をもってそのレンズの性能と判断されることに、オールドレンズはもちろん、当時の開発者様、生産者様…

カメラの話(コラム第三回-13)カメラと、私。(気づいた真実)

さて。 私が長年探し求めており、10年以上の年月を経てようやく手に入れたものとは。 一時期、ペンタックス製135判一眼レフカメラとペンタックス67を併用していた時期があり、その時に、中判レンズのしっとりとした描写に魅せられておりました。その後、体…

カメラの話(コラム第三回-12)カメラと、私。(ミラーレスカメラの出現)

さて。 フィルムカメラはほとんど使わなくなり、そのレンズなどの機材も少しずつ手放し、その代わりにいくつかの欲しい機材を購入し、機材の入れ替えが進んでいた時期でした。 ソニーから、NEXシリーズが発売されました。当時、すでにマイクロフォーサーズ規…

カメラの話(コラム第三回-11)カメラと、私。(忘れられない鮮烈な記憶)

さて。 多くの機材を手放すと、防湿庫に余裕ができてきました。また、一時的に、通帳の金額も多くなると、ムズムズと、なにか、カメラやレンズか買いたくなってきました。 中望遠レンズのうち、Ai-sニッコール105mmF1.8と同135mmF2は大きく重いことから稼…

カメラの話(コラム第三回-10)カメラと、私。(たくさんの、さようなら)

さて。 EOS5DMark2を購入後、パソコンも更新し、写真の見方が変わりました。それまでは、特別気に入ったものだけをワイド4ツ切(A4サイズと同じ大きさ)に引き伸ばしておりましたが、デジタル写真だと、そのままモニターに投影できるため、すべての写真…

カメラの話(コラム第三回-9)カメラと、私。(EOSがもたらした陰)

さて。 EOS5DMark2の入手から、ほとんどの写真撮影はデジタル写真へとシフトしました。それと同時に、パソコンを更新し、シルキーピクスというRAW現像ソフトを導入しました。このソフトは、もともと、ペンタックスistDのRAW現像ソフトとして付いてきていて…

カメラの話(コラム第三回-8)カメラと、私。(EOSがもたらしたもの)

さて。 EOS5DMark2がやってきてから、私の写真を撮りに行く道具が大きく変わりました。 まず、三脚を使わなくなりました。ISO6400で撮影しても、その画質は十分に満足が行くものであったため、また、手振れ補正レンズを初めて入手し、相乗効果で手振れの心…

カメラの話(コラム第三回-7)カメラと、私。(フィルムを要らないと感じた時)

さて。 私にとって、初めてのデジタル一眼レフカメラを入手したのは、2007年のことでした。購入したカメラは、ペンタックス製*istDでした。 *ist D|デジタル一眼レフカメラ | RICOH IMAGING 選定、購入に至ったポイントは以下のことからでした。 ・発売当…

カメラの話(コラム第三回-6)カメラと、私。(高画質への憧れ)

さて。 前回であった「彼」は、中判カメラも所有しておりました。確か、出会った当時に使っていたのは、ペンタコンシックスという、東ドイツ製の6×6判一眼レフカメラと、広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズのセットでした。 初めて、6×6サイズのスライ…

カメラの話(コラム第三回-5)カメラと、私。(人との出会いがカメラとの出会い)

さて。 ニコンしか所有したことがなかった私が、ペンタックスLXを手にしてしまいましたが、さらに、カメラの世界に引きずり込まれることが起きました。 当時、インターネットサイトで、個人様が各メーカーを称賛する(ような)内容のホームページを多数立…

カメラの話(コラム第三回-4)カメラと、私。(異種との遭遇)

さて。 これまでの私は、ニコンのカメラしか所有したことがありませんでした。今回初めて、他のメーカーのカメラを所有することになるのです。2000年のことでした。 そのカメラとは、リサイクルショップで出会いました。時々、不可思議な値付け(べらぼーに…

カメラの話(コラム第三回-3)カメラと、私。(憧れへの到達)

さて。 無事、受験が終わり大学生になりました。入学式を終え、真っ先に写真部の部室へと行きました。 私の通った大学は、本当かどうか定かではありませんが、昔、部室があったところが火事になったとのことで、各部の部室はいわゆるプレハブで、写真部はそ…

カメラの話(コラム第三回-2)カメラと、私。(オートフォーカスカメラが欲しい)

さて。 高校三年生の春でした。カメラ雑誌に、「写真甲子園」というものがあるとの記事がありました。私は化学部で、写真部にも属していなかったので、すぐに写真部の顧問のところに行き、「写真甲子園」に出たいから入部したいと申し出ました。その写真部の…

カメラの話(コラム第三回-1)カメラと、私。(カメラとの出会い)

さて。熱が冷めないうちに打ちましょうか。 私がカメラというものを身近に感じたきっかけは、小学生のころ。当時、天体写真に興味を持っていた、父と兄が、星夜写真を撮るために、隣町のカメラ屋さんで、一台のカメラを買ってきました。当時「天文ガイド」と…

カメラの話(コラム第三回)カメラと、私。(目次)

さて。 前々回に少しふれました通り、私、所用により引っ越しをしておりました。 今までに触れましたカメラと、そのレンズたちと、付属品のため、おおかたキャリー3個分プラスミカン箱4個程度の荷物が、このカメラという趣味のために運ばざるを得ない労力と…