フィルムで写真を撮ってみませんか。

「フィルムを使う写真に興味を持つ人を一人でも増やす」ことが目標の一個人の活動

キヤノン

カメラの話 フルサイズミラーレスカメラが続々登場したことについて

さて。 2018年の秋は、続々とフルサイズ撮影素子を搭載したミラーレス一眼レフが登場しました。これまでソニーしかなかったところに、ニコンとキヤノンが参入したことになります。 ミラーレス一眼レフカメラは、フランジバックが短いことから、フィルムカメ…

カメラの話(コラム第三回-11)カメラと、私。(忘れられない鮮烈な記憶)

さて。 多くの機材を手放すと、防湿庫に余裕ができてきました。また、一時的に、通帳の金額も多くなると、ムズムズと、なにか、カメラやレンズか買いたくなってきました。 中望遠レンズのうち、Ai-sニッコール105mmF1.8と同135mmF2は大きく重いことから稼…

カメラの話(コラム第三回-9)カメラと、私。(EOSがもたらした陰)

さて。 EOS5DMark2の入手から、ほとんどの写真撮影はデジタル写真へとシフトしました。それと同時に、パソコンを更新し、シルキーピクスというRAW現像ソフトを導入しました。このソフトは、もともと、ペンタックスistDのRAW現像ソフトとして付いてきていて…

カメラの話(コラム第三回-8)カメラと、私。(EOSがもたらしたもの)

さて。 EOS5DMark2がやってきてから、私の写真を撮りに行く道具が大きく変わりました。 まず、三脚を使わなくなりました。ISO6400で撮影しても、その画質は十分に満足が行くものであったため、また、手振れ補正レンズを初めて入手し、相乗効果で手振れの心…

カメラの話(コラム第三回-7)カメラと、私。(フィルムを要らないと感じた時)

さて。 私にとって、初めてのデジタル一眼レフカメラを入手したのは、2007年のことでした。購入したカメラは、ペンタックス製*istDでした。 *ist D|デジタル一眼レフカメラ | RICOH IMAGING 選定、購入に至ったポイントは以下のことからでした。 ・発売当…

カメラの話(コラム第二回)プロ用機種とは

さて。 前回に、所有していないカメラのことを書いてみると、一気に気が楽になりました。現在所有しているカメラは一通り書いてしまったし、レンズに触れていこうと考えていたものの、作例のupはどうしても必要と思われるけれども、作例のupのためにはデジタ…

カメラの選び方(マウントから)

さて。 前回まで、私の所有カメラの紹介をしてきたところではありますが、フィルムで撮影をしてみようと思われた方がいらっしゃったら幸いです。 今回は、どのようなカメラを選べばよいのかを、マウントに着目してお話ししたいと思います。マウントについて…

カメラの話 その7 マウント

さて。 個別の話を書き始めて、大変なことに気が付きました。とても大切な、「マウント」のことをお話ししていませんでした。 マウントとは、カメラとレンズをつなぐ部分のことです。もし、初めにカメラをもらうことや実家から発掘することができなかった方…

カメラの話(個別第二回) キヤノンF-1改(第二世代)

さて。 今回は、個別第一回のニコンF3より一世代前のカメラになります。ニコンと双璧をなす、日本の誇るカメラメーカー、キヤノンのF-1改です。1971年発売のキヤノンF-1の改良版で、1976年に発売された機械式一眼レフカメラであり、露出測定以外に電源を必要…