フィルムで写真を撮ってみませんか。

「フィルムを使う写真に興味を持つ人を一人でも増やす」ことが目標の一個人の活動

デジタルカメラ購入

 さて。

 前の更新から少し間が空きましたが、この間に、我が家にはデジタルカメラが一台増えました。

 今回増えたのは、ニコンDfのブラックです。

https://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/df/

 現行品ですからあえて説明も要らないと思いますが、強いて言うならば、ダイヤルがいっぱいついた保守的、あるいは懐古主義的なデジタルカメラですね。前々から興味があったものの、20万円を超えるため私にとっては十分高価でなかなか手が出せなかったところ、後押しをいただいて、お安く譲っていただきました。

 操作系がダイヤル式であること、正面から見た「Nikon」のロゴが昔懐かしいものであることのほかは、正真正銘のデジタルカメラです。たとえば、FEやFMと正面からのデザインは似るものの分厚く、似ているが故の違和感があります。このニコンDfが私にとって、ニコン一眼レフカメラ、例えば、ニコンF3ニコンF4の代わりになるのではないかと思いましたが、どうもというか、やはりというか、全く異なった特性のものでした。

 驚いたのは、ボディー上面に白文字で、「Made in Japan」と非常に目立つように、主張しているように印字されていたことです。ブラックボディーに白文字なので、遠くからもくっきりわかるほどに、目立ちます。

 

 あまり気にしたことがなかったので、今見てみましたが、私が普段使っているカメラのほとんどに、Made in Japanの印がありました。ニコンF、F3、F4やペンタックスLXといった往年のフラッグシップ機はもちろん、ニコンF90XSや、ペンタックスME-superといった中級機も、「Made in Japan」だったようです。

 「Made in Japan」でないとはっきりわかったのは、タイ製のニコンF80Dくらいで、ミノルタX-500には記載がありませんでした。

 しかし、「Made in Japan」と書いてある各カメラについて、その印字は底面であること、特別に色も入れられていないことから、よく見ないと見えず、それは、書かなければいけないから書いた、というような目立たなさです。

 

 ニコンDfは仙台ニコンという、ニコン株式会社の子会社で組み立てられているようです。

http://www.sendai-nikon.com/

 今や、Made in Japanのカメラは貴重品のようです。このニコンDfは、私にとって最後のMade in Japanのデジタルカメラとなるかもしれません。

富士フィルムが白黒フィルム再開

 さて。

 富士フィルム株式会社が、白黒フィルムの販売を再開するとの記事が出ておりました。

(参考)

 https://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1430.html

 

 フィルム愛好家、SNS世代の若年層からの声にこたえた、とのことです。

 

 私が大学生時代だった20世紀末、ほんの一時期だけ、白黒フィルムで撮影をしたことがありました。私が好きで使っていたフィルムは、「ネオパンSS」で、ISO400の高感度が必要な時は、「T-MAX400」を使っておりました。

 現像は、焼き付けは部室で行っておりました。本当かどうか定かではございませんが、かつてあった部室は火事になり、私がいたころの部室は、プレハブをいくつも並べたうちの一角で、水道はなく、寒空の下の共同水道、そして、そこは、北国ではないものの、雪国でした。さらには、部の風が合わず、1年を待たずして、早々に足を洗い、それから、これまでの約20年間、白黒写真を撮ることはありません。

 

 白黒写真が嫌いなわけではないのです。内田ユキオさんは、私の一番好きな写真家さんです。光と影だけで、ポイントを示してくれる、そんな気がする写真を撮られます。ただ、自家現像を行うにはきっちりとした温度、時間管理を行う几帳面な性格と、焼き付けを行うにはスペースが必要です。そうでなければ、現像屋さんにお任せする、というチョイスとなり、カラーよりも需要と供給のバランスからか、随分と費用が掛かります。都会には、「レンタル焼き付けスペース」なるものがあるようですが、地方にはたぶんないでしょうね。

 

 白黒フィルムの再開のニュースの直前、実は、家族とあるデジタルカメラの購入の話をしておりました。そのデジタルカメラは、ライカモノクローム。白黒専用の、デジタルカメラです。お値段も、軽自動車が買えるくらい。レンズも高価なものを選ぶと、合わせて普通車が買えるでしょう。それに比べると、きっとそれなりにフィルムの価格は高価なのでしょうが、十分に手軽に、白黒写真が楽しめることでしょう。

 

 20年ぶりに、白黒フィルムを通してみようかな、と思っております。

 

 また、今回の再開で、大判フィルム(シートフィルム)は残念ながら製品に入っていないようですが、ブローニフィルムが入っているのがとてもうれしいです。

 

理想に近いカメラ

 さて。

 仕事がなかなかに忙しく、残業して帰ってからカメラを触る気力も起きず、また休日は家族サービスで終わってしまい、写真を撮りに行く時間もなく、ブログを書く余裕もなく、少しイライラして日々を過ごしております。

 

 前回書きました通り、ようやく、オリンパスPEN FVのまともな標準レンズが手に入り、ごく当たり前に、普通に使えるカメラとなりました。

(参考)

http://film-camera-challenge.hatenablog.com/

 

 実は、私が撮る写真の9割(たぶん、それ以上)が、縦位置写真です。私は、片目(左目)の視力が極端に悪く、私の視野が縦位置写真に近いからでしょうか。

 ほとんどのカメラは普通に構えると横位置(横長)の写真が撮れるようになっております。たぶん、一般的には、横長の写真を撮る人が多いからなのでしょう。なので、私はいつもカメラを右に90度傾けて、すなわち、右手を下に構えて写真を撮ることとなります。これが、思いのほか窮屈なのです。

 縦位置グリップなる、カメラの下部に取り付けて、横位置で撮るのとほぼ同じ感覚で撮るためのアクセサリーも、一眼レフには多く準備されております。かつては、私もニコンF90XSやニコンF4(F4Sとして使う)に常備し、使用してきたところですが、カメラが正方形に近くなり、大きく重くなってしまいます。そしてまた、完全に横位置と同じ操作性が得られるわけでもなく、不満がありました。

 

 しかし、この、オリンパスPEN FVは普通に構えたら縦位置写真が撮れる、私にとっては理想的なカメラです。さらには、36枚撮りフィルムで72枚(実際は75枚くらい)撮れます。

 

 デジタルカメラオリンパスペンも、このPEN FVのように、「普通に構えて縦位置写真が撮れる」ように、撮影素子を90度傾けてくれればいいのに、と思っております。

レンズは、専用品に限る

 さて。

 随分と間隔があいてしまいました。年度が替わり、仕事がかなり忙しくなって、また、近々家族が増えることとなり、なかなか書く時間がありませんでした。申し訳ございません。

 というのは言い訳で、実際には撮影する時間・機会・気力がなく、書けることもなかった、というのが実のところでございます。

 

 本日、久しぶりにレンズを購入しました。

 購入したレンズは、オリンパスPEN F用38mmF1.8です。

http://film-camera-challenge.hatenablog.com/entry/2018/04/02/150326

このカメラの、標準レンズになります。

 

 実は、購入時にジャンク品の標準レンズが付いていたものの、絞り羽根が外れており、修理業者から再起不能とされておりました。

 続いて2本、オークションで落札したものの、1本はヘリコイドが歪んでおりどうしようもなく、もう一本はカビだらけ&傷だらけの代物。

 どうしても、年月が経つと、もともと現在のものと比べて解像度が低い上に、劣化をしているため、本来の性能を発揮できません。この時代のレンズは、現代のものと比べるまでもなく、コーティング技術が途上で、すぐにフレアがでたり、ゴーストが出たり、まぁ、それがいいこともあるのですが、像の劣化は否めない悪影響を及ぼすことも多々あります。

 幸いにも、オリンパスOMマウントのレンズは、最近の、といっても1980年代~90年代のものだとは思いますが、マルチコーティングされたレンズが21mmから135mmまで入手出来ておりましたので、私のPEN FVは、OMマウントのアダプターを常時取り付け、あたかもOMマウントのカメラとして使用しようと心に決め、PEN Fマウントのレンズを探すこともあきらめていました。

 

 本日、偶然にも良いレンズを発見。お小遣いで買える範囲でもあったので、即購入し、早速取り付けてみたところ、マウントアダプター併用とくらべて、

1.シャッターを切るまで絞り開放、シャッターを切った瞬間に絞り込み

2.ハーフサイズのイメージサークルに合わせており、小型軽量のレンズ

3.デザインの統一感

 と、1960年代にすでに達成されていた利点に、大満足。

 

 これで、昭和42年に発売されたオリンパスPEN FVは、圧倒的に使いやすくなり、私の日常のお散歩カメラとして活躍してくれることでしょう。

カメラ選びはレンズ選び

 さて。

 フィルムカメラを選ぶときには、カメラ自体の魅力が先立つように思われますが、それと同じか、それ以上に大切なのは、「使いたいレンズ」が有るか無いか、と思っております。

 私がレンズを選定するときに、重要視していることは、順に以下のものがあります。

1.世の中に流通量がある程度あるものか。

2.価格と比較し魅力があるものか。

3.体力と照らし合わせ、過度に大きく重いものでないか。

4.最短撮影距離が短いか。

 

 私にとって、最短撮影距離、すなわち、被写体に寄れることは、ものすごく大きな魅力です。最近購入した、シグマの魚眼レンズもですが、グイグイ被写体に寄ることができます。

 

 最短撮影距離が短いレンズには、「マクロレンズ(マイクロレンズ)」がありますが、最短撮影距離を短くするためにレンズの明るさが暗くなったり、特に100mm、200mmクラスのレンズでは大きく重くなったりと、必ずしも魅力的なものばかりでもありません。

 また、広角レンズで接写ができると、被写体は大きく、また背景は広く、さらに絞り込むことで状況説明写真のような撮り方をすることもできます。

 

 最短撮影距離が短く非常に楽しいレンズ、オススメレンズ一押しは「ニコンAi-s28mmF2.8」です。なんと、新品で買えちゃいます。

https://www.nikon-image.com/products/nikkor/fmount/ai_nikkor_28mm_f28s/

Ai-sレンズですから、1981年頃の発売かと思います、すでに、40年近く作り、売られ続けているレンズですが、最短撮影距離は20cm!感覚としては、「ぶつかりそう」。なんせ、最短撮影距離は、レンズの先端~被写体、ではなく、フィルム(デジタルカメラの場合は撮影素子)~被写体の距離ですから。このレンズの場合、レンズの先端からは10cm強くらいではないでしょうか。とっても寄れて、とっても楽しいレンズです。

 ニコンFマウントですから、装着できるカメラはいっぱいあります。また、マニュアルフォーカスレンズで、カニ爪も付いていますので、古いニコン一眼レフカメラででも、露出計の使用も可能です。カメラを選ばないレンズです。

 デザインや時代からすれば、フォトミックFTNよりも、ニコンFEやF3がお似合いでしょうか。

(参考)

フォトミックFTN

http://film-camera-challenge.hatenablog.com/entry/2018/02/10/003719

ニコンFE

http://film-camera-challenge.hatenablog.com/entry/2018/02/04/210412

ニコンF3

http://film-camera-challenge.hatenablog.com/entry/2017/11/10/224330

 オートフォーカス機能は使えませんが、分割測光が使えるニコンF4でもバランスが良いでしょう。最高のファインダーを持っておりますし。

ニコンF4

http://film-camera-challenge.hatenablog.com/entry/2018/01/21/220219

平成最後(たぶん)の買い物

 さて。

 ペンタックスFA limitedシリーズレンズが欲しいものの、3本のレンズを納めるスペースが防湿庫にないため、とても購入に踏み切れていません。

 そのような中、今年初にして、平成最後(たぶん)の買い物をしてしまいました。

 

 購入したレンズは、シグマ15mmF2.8EXDGフィッシュアイのニコンFマウントです。

https://www.sigma-global.com/jp/lenses/others/wide/15_28/

 

 我が家の超広角レンズは、ニコンFマウントのシグマ14mmF3.5、ミノルタSRマウントのMD17mmF4、M42マウントのSMCタクマー17mmF4、ロシア製ミール20mmF3.5があります。平たく言えば、すべて20世紀の製品で新しいものはない、ということになります。

 

 シグマ14mmF3.5は、コンタックス15mmF3.5の定価が63万円と言っていたころに14mmF3.5で7万5千円で売り出していたし、15年ほど前でも2万円程度で購入できたし、非常に面白いレンズだったことは確かです。

 周辺の光量落ちが(良くも悪くも)劇的な特徴のあるレンズですが、非常にフレアやゴーストが発生しやすく、太陽が苦手な「ドラキュラレンズ」と一部ではと揶揄されるほどの重大な欠点があります。白熱電球程度の明るさで、フレアーばしばし、ゴーストいっぱい、ではなぁ・・・発売後20年程度経過し、経年劣化も少なからずあるのでしょうが、それにしてもひどいな、と、感じることがつい先日ありました。

 

 このシグマ14mmF3.5に代わる超広角レンズが欲しい、しかし、予算は潤沢にあるはずもなく、また、大きく重いのは私の体力が許容しません。

 近年、超広角レンズも、近年はズームレンズ化が進んでいるようです。候補に挙がったのは、タムロン15-30F2.8、シグマ12-24F4、14-24F2.8でしたが、いずれも予算オーバーの上に1kg超の重さのため断念。

 現実的なレンズは、タムロン17-35F2.8-4でしたが、14mm→17mmと大幅に超広角度がダウンしてしまうし、最広角端しか使わないだろうから、ズームレンズでなくてもいいのに・・・と悩み、私にとって優先すべきことを整理しました。

(私にとっての)優先事項

・それなりに安価であること。

・小型軽量であること。

・逆光に強いこと。

かなえてくれるレンズは、今回のお買い物レンズである、シグマ15mmF2.8EXDGフィッシュアイ、ということになりました。

 

 届いて、早速使ってみました。最近のオートフォーカスレンズは、レンズ内モーターのものが増え、オートフォーカスの時にはピントリングが回らず、レンズの保持が非常にやりやすくなっていたのですが、このレンズはカメラボディー内のモーターでピント合わせを行い、ピントリングにクラッチ機構がないためクルクル回り、かつ、マニュアルフォーカスでは非常に扱いやすいピントリング幅を確保したためにオートフォーカスでは持てる部分が非常に狭くなり、結果、フード側を支えると指が写りこんでしまうのです。まぁ、ちゃんと気を付けてファインダー内を確認すれば良いだけのことですが。

 最大の利点は、絞りリングがあるので、マニュアルフォーカスのカメラに装着しても普通に使えることですね。

 明日はフィッシュアイに慣れるため、デジタル一眼レフにこのレンズをつけて、ぷらっと桜を見に行きたいなと思っております。

無くなると知った時の行動

 さて。

 数年前から、ウイスキーを飲むようになりました。学生時代にも少し飲んだ(というよりも飲まされたかな)ことがありましたが、その時分はまだまだ好きで飲んでいたわけではなかったのですが、10年ほど前から、自発的に購入して飲むようになりました。

 近年、国産ウイスキーの評価が高まったとか、NHKの朝ドラの影響だとかで、特にシングルモルトウイスキーは休売、終売になるものが多くあり、また、残ったものは品薄になったり、以前が不当に安かったともいえるのかもしれませんが、元の価格比で大幅に高くなったりで、銘柄選びもなかなかしづらくなってまいりました。

 最近、キリン「富士山麓樽熟原酒50」が終売、サントリー「白角」が休売となり、どちらも、この3月下旬には出荷終了、あるいは店頭在庫がなくなる、と報道がありました。キリン「富士山麓樽熟原酒50」は何度かリピート買いしたことがあります。昔の職場の近くに合った大衆食堂でキープボトルしてたのもこのウイスキーでした。一般的なウイスキーよりも高い50度で、チビチビ飲むから、なかなか減らず、水割りで飲む私にはちょうどいいウイスキーだったのです。サントリー「白角」は、買ったことはありましたが、全くその感触を覚えておらず、複数回買った記憶もありません。好みではなかったのでしょうね。私が最近よく購入するのはニッカウヰスキーの「ブラックニッカリッチブレンド」と、ブレンデッドスコッチの「ティーチャーズハイランドクリーム」で、切らすことなく補充している常用酒となっています。そのため、キリン「富士山麓樽熟原酒50」とサントリー「白角」が店頭からなくなることは、残念ではありますが、大きな影響はありません。 

 「店頭からなくなる」と聞いて、キリン「富士山麓樽熟原酒50」は保存用に1本購入しました。それなりに思い出もありましたし、好きでしたから。何かの折に飲もうと思い、購入したのもそう不思議なことでもないでしょう。

 サントリー「白角」も、買ってしまいました。店頭に2本在庫があったので、2本。好みかどうかもわからないのに。むしろ、好みではない可能性のほうが高いのに。「店頭からなくなる」ことを知らなければ、買っていなかったでしょう。

 

 相変わらず、私の中では「ペンタックスFA limitedレンズが欲しい」という欲望が収まっておりません。描写性は使っていないのでわかりませんが、少なくとも外観は、間違いなく好みです。

 今は「店頭からなくなる」という情報がないので、直ちに行動を起こすことはなさそうです。しかし、もし「店頭からなくなる」ということを知ったら。

 

 すぐに買いに走るのでしょうね。私は、製造者にとって良いお客ではないようです。